ED治療の革命|バイヤグラの正しい知識

バイヤグラの臨床試験

バイヤグラの臨床試験

世界的な臨床試験で19歳から87歳の3700人以上の心因性、糖尿病、怪我などによる簿記不全全般の患者にバイヤグラが投与されました。うち550人の感受は1年以上の治療を続けている人たちです。

 

そしてバイヤグラを飲んだ後に性的刺激を受けて性交できた人は64%以上だったといいます。

 

一方薬の効果を確かめるために、外見では本物と見分けがつかない偽物の薬をプラセボと言います。プラセボでの成功率は23%だったので、明確にバイヤグラの効果が証明されたことになります。

 

また「問題があった」として中止した割合はバイヤグラとプラセボの間では大差はなかったのです。
このデータからFDAは「勃起障害のある人で、バイヤグラを服用して有効なのは3分の2」と結論付けています。

 

バイヤグラの使う人は服用前から背的な刺激を喚起させておかなければならない。つまり、いつでもの飲めば勃起するというものではなく、あらかじめの改革性が求められるのです。

 

また、器質性あるいは心因性の勃起障害のどちらかを持つ8人の患者における実験で、性的な刺激があった時、プラセボ薬に比べてバイヤグラを使った方に勃起が改善されることがわかりました。

 

多くの研究では服用後約60分でバイヤグラの効果が出ています。勃起反応が起こるときは一般にシルデナフィル量と血しょう濃度が増加しています。

 

そして、投与約4時間までは効果を示しますが、後半の2時間の反応は最初の2時間に比べて小さなものでした。

 

一回の投与量を100ミリグラムまで上げていったが、通常の男性の明らか心電図に変化はみられなかった。100ミリグラムのシルデナフィルを単独投与すると、健常人において、血圧が10mm効果した。つまり、バイヤグラは高血圧の治療効果も示すのです。これは40ミリグラムのシルデナフィルを与えている心臓疾患の患者での効果と同じです。

 

アメリカではこんな話が紹介されている

 

バイヤグラ

1990年の6歳年下の女性と結婚したが、1995年に前立腺手術を受けた後、勃起障害を患いました。彼が「妻が私を愛していることは知っているが、彼女を失うのではないか?と恐ろしく思った」と告白しています。

 

インポテンツの治療のために初めはバージェクトと言う注射薬を試してみた。可視化に効果があったが、副作用もあった。それは激しい痛みを覚えたこと、注射跡が残ることでした。

 

そんな中、経口勃起治療薬バイヤグラの臨床試験に参加しました。それで、この薬を使えば普通に勃起することができると確信したのです。

 

バイヤグラの感想としては「セックスの回数が増えただけじゃない。内容がとても良くなってきた。より硬く、より大きく、より激しくという感じです。妻も大満足でバイヤグラを使ってからは、妻が私のことを夫として男として尊敬していることを感じることができるようになった。」

 

妻の意見としては「インポテンツの男性には興味を持つことが難しい。私はそんなにセックスが好きではないで度、インポテンツの男性はもう自分は子供を残す機能が無いといじけているのを感じる。だから、私は自分の夫にバイヤグラを勧めたのです。今では夫を男として尊敬しているし、魅力的だと感じています。」

セーファーセックスについて

 

セーファーセックスという言葉をご存知ですか?
安全なセックスという言葉の反対は危険なセックスということになります。「セックスって危険なの?」と思う人もいるでしょう。

 

女性にとって性行為とは妊娠と感染症という二つの危険をもたらすものです。そしてセーファーセックスと言うのは、この二つの危険を回避できているセックスです。体に害のないセックスという意味です。つまり、性感染所の予防と、妊娠を望んでいないときには避妊を実行したセックスということです。

 

欧米では性教育の重要な柱とされています。セーファーセックスは女性の体と健康を守る上で大切な課題なのです。

 

最近の男性は自分の勃起力を回復させるためにバイヤグラを服用する人がいます。しかし、あまりにも強力な勃起欲は、女性にとっては性交痛を伴うこともあるのでセーフティセックスとは言えません。

 

人間の体の大部分は皮膚で覆われています。皮膚はウイルスなどの病原体の侵入を防ぐ構造を持っています。ところが目、鼻、口、世紀には、皮膚ではなく粘膜が外界と接している部分があります。粘膜は皮膚とは違って、病原体が侵入しやすい構造になっています。

 

性器からの粘膜から入ってくる病原体によって起こる病気が性感染症です。

 

病原体の中にはエイズや肝炎や梅毒のように、性行為以外の感染経路を持つものと、クラミジア、性器ヘルペス、毛じらみのような、性交以外に感染経路が考えられないものがあります。これらの病はバイヤグラでは防ぐことができません。

 

ですから、性感染症にかかったカップルの中には、責任のなすりあいになるケースもあります。「過去の相手から」「浮気相手から」と悩む人も多いようですが、実際はカップルのうちどちらが先に感染したのか証明することはできません。でも、どちらが先に感染したかがわからなくても、二人で直さなければならない病気なのです。

 

最近爆発的に増えているのが、クラミジアです。感染の初期にはほとんど症状が出ず、気がつかないうちに相手に感染させてしまうからです。

 

倉治美亜ははじめ膣から子宮頚管に感染を起こします。でもこの段階ではほとんど症状が出ません。そのうちに子宮の中から卵管を通って、腹膜へと感染が進んでゆきます。腹膜炎まで発展して初めて、お腹が痛いという症状が出現します。クラミジアが卵管に炎症を起こすと、不妊や子宮外妊娠の原因になります。感染に気付かずに妊娠すれば早産や、新生児への感染の危険があります。

 

男性の場合は尿道炎を起こすことがありますが、男性の尿道はお腹の仲間では繋がっていないので、女性のように腹膜炎を起こすまで発展することはありません。同じ性感染症でも、女性の体により深刻な症状が出るのです。

 

性感染症が心配なら、何も症状が無くても検査を受けることが大切です。しかしさらに大切なのは、予防することです。性感染症のチェックをしていないパートナーとセックスをするときには、必ずコンドームを付けることです。

 

最近ではコンドームのゴムにかぶれてしまう人のために材質を改良したコンドームも販売されています。モタ、女性用コンドームも発売されました。女性用コンドームは膣内の内側の壁を覆うものですが、膣だけでなく外性器も終えるので、男性用コンドームよりも、性感染症の予防効果がより確実です。こういった新製品がもっと宣伝しても良いほどです。

 

でも、好き同士で愛を確かめたいとき、相手男性が性感染症を持っているかもしれないと考えるなんて、相手を信頼していないみたいで、と感がる人もいるかもしれません。

 

女性にとってセックスは命がけと言うのはドラマのセリフではなく現実のものなのです。