ED治療の革命|バイヤグラの正しい知識

発売当初に起こったバイヤグラ・フィーバー

バイヤグラ

「バイヤグラはグレートだ」1996年の大統領選挙で候補者だったボブ・ドール元上院議員がアメリカのテレビ番組でこう証言した。バイヤグラはアメリカで爆発的な人気となっている世界初の飲むインポテンツを治療できる薬である。

 

ドール氏は1991年に前立腺がんの手術を受けている。前立腺がんはアメリカ人男性のがんでの死亡原因の第一位となるほど多発しているガンでした。

 

実はドール氏は手術後からバイヤグラの臨床試験に参加していたのだという。そしてその効果について、「よく効く薬だと思う。前立腺切除した人たちには、効果がないかもしれないが、全国に何百万人といるEDに苦しむ男性たちにとっては、救世主となるだろう。」と太鼓判を押したのでした。

 

また、バイヤグラのような薬の研究をさらに進めていくべきだとも強調しました。

 

バイヤグラは98年4月中場の発売認可を受けて以来、爆発的な人気を呼びあまり化の主要メディアが大々的に報道している。テレビ・ラジオはもとより、高級紙や高は週刊誌も取り上げていました。

 

アメリカでは購入に医師の処方箋が必要だが、性機能に異常のない男性が処方箋を求めて泌尿器科に殺到し、その頃流行っていた映画であるタイタニックとバイヤグラの求める泌尿器科への人の列が同じぐらいならんでいたとも報道されています。

 

女性の性的不感症にも効果があるとのうわさが流れ、服用する女性も増えてきている。アイオワ州にある泌尿器が病院の電話交換機は問い合わせが殺到しタためにパンクし、オンラインショッピングでも人気商品になっている、1週間で1万錠を売った会社もあった。

 

販売開始後1ヶ月で発行されたバイヤグラの処方箋は12万枚で、この調子が続けば年間6億から10億ドルの売り上げが見込まれる。もちろん記録的な売り上げで史上最大のベストセラー薬となるとの予想もありました。

 

発売元のファイザー製薬の株価は急上昇し、ドール氏は「早めに買っておくべきだった」と悔しがらせたほどである。

 

ヨーロッパやアジア地区でもバイヤグラが今後発売されていくことになる。